2017年10月22日

世界一美しい本を作る男

時々見る予告編
 
  ↑
クリックすると公式サイトの予告編が始まります。
注)最後に「日本で再上映」と言っていますが、現在の事ではありません。
 
 
 
posted by コルリ at 20:10| Comment(0) | 芝居・映画・映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月13日

蜷川幸雄さん

昨年、蜷川幸雄さん演出の舞台を2つ、観ることが出来ました。
『青い種子は太陽の中にある』と『マクベス』
どちらも舞台が斬新で絵画を見ているように美しくて圧倒されました。
『青い〜』はまるでブリューゲルの絵のようだったし
舞台そのものに、かなりな傾斜が作られていました。
『マクベス』は舞台が巨大な仏壇でした。
仏壇の中の扉の向こうに大きな桜の花が透けて見えて夢のようでした。
年齢は関係ないのかもしれないけれど、とても80歳の感性とは思えなかった。
いくつになっても常に新しい物を、自分にしかできないもの、
自分も作ったことのないものを作り続けていたのです。
 
写真家の蜷川実花さんの鮮やかな色彩は、父親の影響かと
舞台を観ながら思ったのですが、
お互いに影響し合っていたのかもしれませんね。
 
蜷川幸雄さん演出の舞台を、もっと観てみたいと思っていましたが
それもかなわぬこととなりました。
ご冥福をお祈りします。
 
 
ちゃぴいさん、蜷川さんの舞台に誘ってくださってありがとうございました!
 
posted by コルリ at 12:07| Comment(2) | 芝居・映画・映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月06日

青い種子は太陽の中にある

 
音楽劇『青い種子は太陽の中にある』
 
少し日が経ってしまいましたが、観劇の記録です。
原作の寺山修司生誕80年、演出の蜷川幸雄80歳という記念すべき作品。会場はオーチャードホール。
主演/亀梨和也、ヒロイン/高畑充希
幕が上がり現れた、混沌とした世界。たくさんの人物とがらくたと、変な妖怪のようなものたち。見た事あるような… そうだ、ブリューゲルの絵のようだ!  ああ、わくわくする♪  全体がよく見渡せる舞台だなあと思っていたら、奥に向かってせり上がっていて全体が斜面になっているのでした。盲人達が連なってドタドタと駆け下りて来る場面は、まさにブリューゲルの『盲人の逸話』のようです。
賢治役の亀梨君はハスキーな声で、力んでいないように見える素直な魅力がありました。弓子役の高畑さんは透き通った声が美しかった。殺伐とした背景の中で2人の純粋さが際立っていました。真実を公表することを決めた賢治が弓子の手をとって舞台を駆け上がって行く場面では、おばさんの心もちょっとキュンとしたのであります(笑)
どの人物も大変魅力的で目が離せませんでしたが、特にマリー(花菜)。毛皮をまとって登場したので毛皮のマリーを連想。その色っぽさと声の張り。歌も容姿も存在感が半端ないです。スラムの女性サリー(マルシア)との歌のかけあいはすごい迫力でありました。
 
今回、亀梨君目的で(私も亀梨君目的でした♪)初めて音楽劇を見た人も多かったと思うのですが、演劇ファンを増やしたのではないでしょうか。
大変見応えのある舞台でした。 
 
posted by コルリ at 23:59| Comment(4) | 芝居・映画・映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月20日

リトル・フォレスト

ずっと観たかった映画のDVDを借りてきました。
リトル・フォレスト夏編秋編』←クリックで予告編(youtubeさんより)
 
『リトル・フォレスト』公式サイト←クリックでサイトへ
 
夏秋編では人生ドラマはあまり語られていないけれど、沢と森と田んぼに囲まれた一軒家での一人暮らしの様子が淡々と描かれています。大変興味深く、そして羨ましい。作物を作り、木の実を拾い、料理し、保存する。その一つ一つが実においしそうです(思い出してもおなかがなりそう)。
薪ストーブで焼くパン、田んぼの草刈りの後で飲む米サワー、ハシバミの実で作るペースト、沢で摘んできたミズをたたいてご飯にかけるミズとろろ、自家製のトマトの水煮、稲刈りのときのお弁当のくるみご飯、イワナの南蛮漬け、などなど〜
生きるために食べる、食べるために作る、というシンプルな生活。人間の生活の基本のような気がするな。
 
仕事で「ニンジンは葉がふれあう程度に混み合っている方が競い合ってよく育つ」という内容の説明図を描いたのですが、その直後に観たこのDVDで、主人公の母親が同じ内容のことを言ったのです。そしてそれにはすばらしい落ちも。「競り合ってのびるぐらいでないとよく育たないからね。なにしろ、ニンジンはセリ科だからね」覚えやすい!
 
冬春編では人生ドラマも語られるのではないかと思いますが、何を食べるのか、大変楽しみです。
はやくDVDレンタルにならないかな〜 
それにしてもあの寒そうな家で過ごす冬は過酷と思われ。。。
 
 
続きを読む
posted by コルリ at 03:30| Comment(0) | 芝居・映画・映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月21日

芋を育て

平和に暮らし、芋を育て、夢を見る
          (ムーミンパパの言葉)
 
映画観て来ました。ムーミンさんありがとう♪
色彩がとても綺麗でした。
そこにそういう色を使うのですねーという驚きがありました。
植物や花のデザインもステキ♪
 
平和に暮らして芋もたまに育てて夢ばかりみて、充分しあわせだけど
南の海でおしゃれな生活もしたいー(^^)♪
posted by コルリ at 23:15| Comment(0) | 芝居・映画・映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月29日

イイニクノヒ

本日は『いい肉の日』だそうで、肉を食べた方も多かったのではないでしょうか?

牛の飼育から屠畜解体、肉の小売りまでをしている、小さな精肉店のお話
『ある精肉店のはなし』
  本日よりポレポレ東中野にて公開だそうです。


posted by コルリ at 21:31| Comment(0) | 芝居・映画・映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月08日

映画『〜放射線を浴びた〜X年後』



オフィシャルサイト:http://x311.info/



posted by コルリ at 16:34| Comment(0) | 芝居・映画・映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月12日

テルマエ・ロマエ

昨夜、映画『テルマエ・ロマエ』を観ました。

濃い。 阿部ちゃん、濃い!

濃くて色っぽい! 北村さん

ああ、そうそう、市村さん、そうそう!




そして…
いちばん胸がきゅんとしたのは

雨の中のロバ

悲しくて美しい、雨の中のロバ


posted by コルリ at 16:45| Comment(0) | 芝居・映画・映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月06日

ベルが鳴る前に

前の記事のチラシは、お察しの通り、2月22日に下北沢へ芝居を観に行った時にもらったもの。
その芝居のご報告がまだでした。
どうしても、文章を考えて文字にするという作業がスムーズにできません。
なので最近は写真を多用した短い記事ばかり。
様々な理由により、馬鹿になったのかもしれません。
それはいいとして(いいのか?)

ペンギンプルペイルパイルズ、2年ぶり第16回公演
『ベルが鳴る前に』を観てまいりました。

それは未来なのか過去なのか、架空都市でのお話・・・
裕福な街の人を救うことの出来る機械を運ぶ男と、もしかしたら全人類を救える「かもしれない」生物を運ぶ男
本当のことを知らされずに、ただまじめに検査を受ける、選ばれし人々
その厳しい基準値の根拠に、ふとしたきっかけで疑問をもちはじめる人々
人々を国の都合のいいように扇動するために、まぎれこんでいた政府の人間
国からの交付金で優雅に暮らす人々…

ああ、それはまさしく、日本で起こっていること、なの、では、、、

どたばたあり、笑いありの芝居でしたが
「あ、それはもしかして…」
「自分だったら助かるために一緒に行くのだろうか」など
ずっと考えながら観ておりました。思考が芝居を離れがち。
1回ではどうも台詞の意味をすべて理解できたと思えないのです。
もう一度じっくり観たい芝居でした。

いつもの公演と違って、ゲスト俳優さん(今回は奥菜恵さん)の他にオーディションによって選ばれし人々(個性豊か!)が沢山ご出演。にぎやかで新鮮でした。
そして毎度すばらしい舞台装置での場面転換、お見事でした。



posted by コルリ at 23:32| Comment(0) | 芝居・映画・映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

パイレーツ・ロック



ラジオは素敵だ!

もっと音楽を!!

〜♪〜♪〜♪ ロックンロール!



posted by コルリ at 00:23| Comment(0) | 芝居・映画・映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月09日

サイモンさんちの

新しくやって来た子猫でも見てから、寝てください。

ミャオ♪



posted by コルリ at 01:10| Comment(0) | 芝居・映画・映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月26日

地球にやさしい生活



みんなそうしようよ、っていうんじゃなくて
今まで当たり前に使って当たり前に捨てて来た生活を
見つめ直し考え直すきっかけに
いいのでは?

と思います。

まずは見てからですね。。。




posted by コルリ at 09:59| Comment(0) | 芝居・映画・映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月24日

『黒澤 その道』

東京国際映画祭、特別上映の『黒澤 その道』を見て参りました。

監督は、黒澤明監督の通訳をしていた、カトリーヌ・カドゥさん。
世界の11人の映画監督に「あなたの好きな黒澤作品は?」というただ一つの質問をなげかけた、インタビューで構成された映画です。どの監督も、それは熱心に、うれしそうに語っておられます。あらためて「世界の黒澤」のすごさを認識しました。世界の映画界に、どれだけ影響を与えてきたことか。カメラわりやアングルなどの技法だけでなく、生き方、つまり「行けるところまで行く」という生き方も尊敬されているのです。
これを日本で公開しないでどうする?と、会場にいた人はみな思ったはず。
版権の問題で、公開は難しいそうなのですが、どうにかならないものでしょうか。
日本での上映が、たったこの1回だけなんて、もったいない。
もう一度見たいです!
字幕が出るのですが、あまりにうれしそうな顔を見ていたら読みそびれてしまったり、日本語で話しているのに(塚本晋也監督と宮崎駿監督)うっかり英語の字幕を読んでしまったり(当然意味が追いつかない…)、聞きそびれた部分がいくつもありました(^^;)

詳しい内容はカンヌ映画祭の記事(←クリック!)でどうぞ。




posted by コルリ at 21:41| Comment(0) | 芝居・映画・映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月21日

食の思い出


『極道めし』予告編

自分にとってしあわせな食の思い出ってなんだろう。
いろいろ思い出してしあわせな気持ちになりました。
ふと思い出してみるのもいいですね。
この季節。


posted by コルリ at 10:10| Comment(0) | 芝居・映画・映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月17日

カッコいい車?





何度見てもクスッ


posted by コルリ at 21:53| Comment(0) | 芝居・映画・映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月20日

世界旅行

1日に3万再生されるYouTubeのショートムービーがあるという。
知りませんでした(^^;

世界旅行に行った気分♪ 約28分を長く感じないのは編集のうまさでしょうか。
画像もとってもきれい!
以前ご紹介させていただいた、清竜人くんのPVもこの方の映像だったのかも?と思いましたが、確認はとれておりません〜


旅人になりたい…

『WORLD- CRUISE』


posted by コルリ at 03:27| Comment(0) | 芝居・映画・映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月03日

ダイブ!

蒸し暑くなったので、涼しそうな雪景色で一休み(@Youtubeさんより)





posted by コルリ at 18:23| Comment(0) | 芝居・映画・映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月31日

心が洗われるようです



地デジ化してないので、食事をしながらのDVD鑑賞を楽しんでいます。
テレビだけは新しいのにいたしました。
画像が美しくてうれしい〜〜〜

『小さな恋のメロディ』
大人になってから見ると、心が洗われるようです。
純粋だったころの自分を思い出します〜(^^)

大人たちの着ている服や、車もかわいらしくて素敵。
いい時代だったなあ。





続きを読む
posted by コルリ at 10:06| Comment(0) | 芝居・映画・映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月11日

black beetle  




メイキング映像はこちら
http://www.youtube.com/watch?v=CVQSPXPIHGw&NR=1


posted by コルリ at 13:56| Comment(0) | 芝居・映画・映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする