2019年01月08日

父切れる

湯沸かし器が故障してしまった兄の家族が、正月3日から父の家の風呂を借り始めました。昨夜、兄から電話があって、姪(大学生)が風呂を借りに行ったところ、父(彼女にとっては祖父)にひどいことを言われて(どんなことを言われたのかはわかりませんが)泣いて電話してきたとのこと。姪にはかわいそうなことでした。ひどく傷ついたことと思います。私も父の暴言は何度か経験ありますが、私の場合は傷つくというよりは猛烈に腹が立ちましたが。
父にとっては、正月からずっといつもの生活とは違うことが続いていたわけで、もうニコニコ対応するのも限界にきていたのでしょう。夕食が済んだら少しゴロゴロしてすぐに寝てしまいたかったのだろうと思います。だれかが風呂を使えば、寝る前の火の始末の確認も心の負担になるのです。何しろ火と鍵の確認は必要以上になんどもなんどもなんどもするのです。一人暮らしですから、いい加減であるよりはこちらとしても安心ではありますが、何度確認しても不安は消えないのだそうです。父もかわいそう。
兄は怒っていたけれど、怒ってないで早く湯沸かし器を直すのですよ。
posted by コルリ at 16:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月11日

ノブドウの実はなぜ色づくの?

白馬村での稲作の作業に参加した時のこと、あぜ道に茂ったノブドウの実の美しさに感動したものでした。クリーム色、水色、青、赤紫、紫、いろいろな色の実が入り混じって、なんとも素敵な色合いになっていました。帰ってきてから調べたら、ほとんどの実に虫が入っていること。つまりほとんどが虫こぶであること。なので食べられないとのこと。美しいのになんとなく残念〜でありました。しかし、なぜあんなに鮮やかな色だったのか?気温差のある白馬村だから?虫こぶだから?
ノブドウの実の色について、同じように疑問を持たれた方が、詳しく調べてHPに載せていました。図鑑などで調べても、様々な記載があってはっきりとわからないようです。ノブドウについて特に研究はされていないのかもしれません。
本当にほとんどの実に虫が入っているのか?(こぶにならない虫こぶなんてものがあるそうな?!)食べられないのか?まずいのか?(本によっては毒と書かれているとか)実験をされています。とても興味深く読ませていただきました。みなさんも、ご興味ありましたら是非読んでみてください。

研究するわけではないけれど、とりあえず今回採取した実のタネをまいて観察してみようかと思っています。

文中のノブドウの実について書かれたHPは
続・木の散歩道 廣野郁夫氏
「ノブドウの果実の多様な色は虫えい故なのか?
 そもそも正常な果実とはどんな色なのか?」
  
   


posted by コルリ at 15:05| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月09日

丸の内

丸の内はクリスマス
通りを歩くだけでワクワク♪ 懐まで豊かになったような錯覚に
   
181207-1.jpg

 
181207-2.jpg

 
181207-3.jpg


 
181207-5.jpg

 
181207-4.jpg
シンプルなツリーも潔し

 
181207-6.jpg

 
posted by コルリ at 02:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月07日

クリスマスカード

プレス機を使ってせっせとクリスマスカードや年賀状を作っていた時期がある。ほんのちょっと前と思っていたら、2003年のサインが!15年も前やん!若かった、自分。
   
181205-1.jpg

 
181205-2.jpg

 
<エッチングと手彩色2パターン>
バックのブルーとリボンのゴールドのみの彩色も気に入っていた。
セピアの絵の具で刷って彩色なしも味があったけど、まともなものが残っていない。
   
 
181205-3.jpg

 
181205-4.jpg

 
<同じ絵柄を官製はがきサイズにしたもの>
これも気に入っていたけど、手描きイラストをそのままプレスしたのでたくさんは作れなかった。
   
posted by コルリ at 03:02| Comment(0) | イラスト、絵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月06日

首が回らない

実家に山積みになっている、ちぎり絵などの母の作品を季節ごとに整理して、押入れの中も手の届く範囲で整理しました。マスクをすべきでした。もしかして、埃を吸い込んでしまったのかもしれません。尋常じゃないこのだるさと肩こり。喉も変になって来た気がします。うがいをするも後の祭りか?とりあえずなるべく気づかないふりをして、生姜紅茶で体温を上げてみましょうか。
整理整頓や掃除の機会の増えるこの季節、皆様におかれましても、しっかりガードしてから作業してくださいね。
左肩がパツパツで首が回らなくなって来ました。
まだ仕事終わってなかったし。
あ、首痛い
  
posted by コルリ at 18:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月03日

カリンを食べる

181203-1.jpg

 
信州の暮らしについて書かれた本のレシピで作った、カリンペースト。ざっくりとした説明だったので、皮ごとすりおろしたものに蜂蜜と酒を加えて適当にちょろっと煮たのですが、とてもじゃないけど食べられないものができてしまいました。見かけは写真通りだけど、渋酸っぱいザラザラ!もっとじっくり煮る必要があったのでしょう。もう一度煮てみようと思います。
カリンの調理は初めてでしたが、その固さに衝撃を受けました。
 
181203-2.jpg

 
送っていただいたレシピと、見つけたブログ記事を参考に、皮ごと煮たプリザーブタイプ。
仕事をしながら15分ごとにタイマーをかけて様子を見つつ煮ました。途中、煮詰まりすぎて慌てて水を足したりして、こんな色に(淡いピンク色になるはずだった)。仕事をしながらの煮物は危険。味は美味しいです♪ でも少し固いですね。煮詰まってしまったせいかもしれません。
カリンペーストの失敗の後、少し日にちが経ったからでしょうか、カリンが前回よりも切りやすかったように思います。それでも固かったけど。
  
posted by コルリ at 03:48| Comment(0) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月30日

「富士山を世界に」展 in Paris 終了

「富士山を世界に」展 in Paris は好評のうちに幕を閉じました。
オープニングは大盛況で、会期中もたくさんの方々に見ていただけたそうです。小学校の課外授業で生徒さんたちも来てくれて、富士山の話を熱心に聞きながら折り紙を折っていたとのことです。富士山のどんな話だったのでしょうね。そしてどんな折り紙を折ったのでしょう。パリの子供達にも見てもらえたなんて嬉しいです。
   
181130-1.jpg

 
図録です。 表紙の写真はジャポニズム2018のイベントでエッフェル塔が日本仕様にライトアップされたときの画像(photo by Vincent Beaucourt)だそうです。富士山が映し出されていますね。素敵〜 
   
181130-3.jpg

 
隣ページも入れてアップしてもいいのかわからなかったので自分のページだけ。 油絵、アクリル、シルクスクリーン、水彩、顔料、墨絵、カリグラフィー、押し花、陶芸、染色、漆、沈金、キルト、刺繍、織物、写真、ピエゾグラフなど(英語なので良くわかりません。もしかしたら間違っているかも)、様々な技法の富士山が並んでいます。私の作品はアクリルです。
富士山展はギャラリーG2さんで(海外でも)毎年開かれているので、仲間に入れていただけて嬉しいです。新春富士山展は「パリの凱旋展」になると思いますので、またご案内します〜
   
   
181130-2.jpg

 
パリでの案内状。美しいです。 (サイトウ良さん、シルクスクリーン)
   
posted by コルリ at 06:37| Comment(0) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月19日

ベランダの紅葉

天気の良い日には、窓を開け放って紅葉を見ながらの作業。
洗濯物も一緒に見えてしまうんですけどねー
   
181119-1.jpg

 
181119-2.jpg

 
コバノズイナです。綺麗な赤い色に染まってきました!
マンションの駐車場の桜の紅葉と重なってます。
   
   
181119-3.jpg

 
小さな鉢植えのセイヨウカマツカもやっと色づいてきました。
実家の地植えのものよりも遅いです。(実家のは葉もあまり残っていません)
実は取ったらほうが良いのでしょうが、可愛いので毎年そのままに。
   
   
posted by コルリ at 22:43| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月17日

Mt. Fuji & Midorico

181116-1.jpg

 
「富士山を世界に」展 in Paris
 11月16日〜22日
 Galerie Metanoia にて
   
今年は日仏友好160周年記念
パリでは、ジャポニズム2018が開催されています
今回はその参加事業としての展覧会です
パリはどんな雰囲気なのでしょうか
   
いつか自分も一緒に行かれますように
部屋にないと寂しいので帰ってくるのがすでに待ち遠しかったりして
   
Mt. Fuji & Midorico
風神みたいなミドリコ
今年の夏の空はこんな感じだったよね
(パネルにアクリル絵の具)
   
ちなみに、日本でもいろいろな催しが昨年からあちこちで開催されているようです。
日仏友好160年イベントカレンダー で検索すると出てきます。
    
   
   
posted by コルリ at 00:44| Comment(0) | イラスト、絵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月12日

伊勢の紅茶でモーニング

月に1〜2度、コメダ珈琲店でモーニング
7時から1時間ほどまったりと読書をしています
   
181112-1.jpg

   
いつもはコーヒーですが、今朝は「神さまもくつろぐこの一杯」
伊勢神宮(外宮)奉納の伊勢紅茶にしました
お味と香りは… 普通の紅茶?(^^;)
本日持参した本は「はじめてのマインドフルネス」
長い時間をかけてじっくり読んでいます
付箋だらけになりつつあるこの本についてはまた後日〜
   
181112-2.jpg

 
トーストはいつもの「おぐらあん」をチョイス
モーニングセットは飲み物代のみなので、このセットで540円です
   
posted by コルリ at 10:07| Comment(2) | カフェ部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする